新型コロナウイルスが怖いので、風俗辞めてチャトレ始めましょ!

新型コロナウイルスが世界的に流行のきざしが見える中、日本でも感染者が報告されるようになりました。

新型コロナウイルス感染症は発症から1週間以上経過してから重症化することがあることから、今後中国以外でも死亡者が出る可能性は高いと考えられています。

咳やくしゃみなどの飛沫から感染することから、これらの症状のある人は周りの人にうつさないようにマスクの着用など咳エチケットを心がけましょう。

また手など触ったところからウイルスが広がり感染する可能性もあるため、こまめな手洗いを行うようにしましょう。

新型コロナウイルスの感染ルートは現時点で
(1)感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染する飛沫感染(ひまつかんせん)
(2)感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、物に触れて付着したウイルスが他者の手を経て口や鼻の粘膜から感染する接触感染が考えられています。

風俗の仕事をしていると、不特定多数の男性と接近どころではなく密着した状態であったり、粘膜の接触もあるので非常に感染する確率が高くなります…。

マスクしてもムダですね…。

だから今、風俗系でバイトや仕事をしている女性は「感染が心配」でお休みしたり、辞めちゃったりしてるんです。

でも…休んだり、辞めたりしてしまうとお金が稼げませんよね…。
かと言って急にOL仕事なんかできません…。

「私…どうしたら良いの?」

でも心配しなくて大丈夫です。
今までのスキルを目いっぱい活かせる仕事があるんです!

チャトレは、他人との接触もなく稼げる仕事

風俗系の仕事をしてきたあなたなら、もう十分チャットレディとして稼げるスキルは持っているはずです。

チャットレディと風俗系の仕事の違いは、リアルで会っているかモニターを通して会っているかの違いだけです。

チャットレディは素人の女性でも稼いでる方はたくさんいます。

でも風俗系の仕事をしてきた女性は、男性への接客技術や会話術が普通の女性より優れています。その優れた点を活かせば、稼げること間違いなしです。

素人女性が嫌がる下ネタやアダルト行為に耐性がある程度できているので、うまくかわせたり…相手をしてあげることが簡単にできますもんね。

しかもモニター越しですから、安心です。

コロナウイルスの感染を気にせずに、ガンガン稼げるチャットレディをあなたも始めてみませんか!

自宅でもできるし、運営してる会社にチャットルームがあればそこに通うこともできます。

そんなチャットレディ、お勧めのサイトを紹介します。

コロナウイルスも怖くない、お勧めチャトレ

ポケットワーク

風俗じゃないのに高収入!電話、パソコン、スマホを使って「チャットレディ」「テレフォンレディ」「メールレディ」の仕事ができます。
男性との接触もなければ、費用無料、ノルマも無い!24時間のサポート体制でシッカリあなたを守ります。
もちろん報酬は全国トップクラス♪
「アダルトorノンアダルト」、「在宅or通勤」、「顔出しor顔出しNG」も自由に選べます♪それがポケットワークです。

FANZAライブチャット(元・DMMライブチャット)

国内ライブチャットサービス最大手の『FANZAライブチャット』。在宅・通勤チャットレディを両方とも募集』しているサイトです。
ノンアダルトカテゴリーもあって会話だけでも大丈夫。家でお酒を飲みながらキャバクラ気分で使えると男性の評判も上々です。会話を楽しめる女性であればノンアダルトでも常連さんがたくさんついて稼げること間違いなしです。男性会員数もダントツに多いのでチャットレディ始めたばかりの方にピッタリのサイトです。

ライブチャットマシェリはチャット接続率も業界No.1

マシェリは、完全ノンアダルトだから安心して安全にチャットレディの仕事ができます。
会員登録者数業界No.1のマシェリだからこそ、チャット接続率も業界No.1♪いつも多くの会員様でにぎわっています。しかも、顔を出さずにお仕事が可能なんです。なので身バレもないから安心♪
マシェリは、2004年から始まって創業13年の老舗サイト。今までのノウハウを活かした安定した運営で的確なサポートを受けられます。

VI-VO(ビーボ)

メールだけでも稼げるVI-VO(ビーボ)のスマホチャットレディ。スマホさえあれば誰でも仕事できます。
パソコンではなくスマホメインのサイトなので、いつでもどこでも手軽に利用できるので、男女の利用者が激増中のサイトです。
費用、ノルマ、シフト強制、罰金一切なしです。大学生から主婦の方まで登録しています。
稼いだ報酬はいつでも自分の好きなタイミングで精算できるので急な出費も安心です。

 

終わりの分からないコロナウイルス…チャトレで気にせず稼ぎましょう!

自宅に閉じこもってじっとしていても、お金が降ってくることはありません。

風俗を休んでいる間にも請求書は送られてきます…

なので、自宅で稼げるチャットレディを絶対やるべきなんです。

ウイルス感染を気にせずに、モニター越しに男性を癒してあげれば稼げるんですから…。

さあ今すぐ、チャットレディを初めてみませんか!

 

 今すぐここから登録
▼▼▼▼

新型コロナウイルスの社会的恐怖

新型コロナウイルス感染のリスクは、重症化することや死亡だけではないんですよ。

ニュースを見ていて感じませんか?
自分の思わぬ行動がバレることで社会的に死ぬリスク」があることです。

なぜならウイルス感染が明らかになってしまうと…
感染者本人や濃厚接触者の行動履歴は保健所によって追跡されちゃうんです…(´;ω;`)ウゥゥ

特にライブハウスやスポーツジムなど、不特定多数の人間が立ち入り、感染爆発のクラスターとなるような場所に行った場合は、利用者が重点的に追跡されてしまうようなんです。

以下引用

たとえばキャバクラで感染したら……
たとえば3月上旬、某県ではキャバクラに勤務していた女性の感染が明らかになった。いまやハリウッドスターやカナダ首相夫人でも感染する状況であり、いかなる職業でもウイルスから完全に逃れることは困難だと言えるのだが、なかでもキャバクラは客の男性とキャストが密着して会話するため、唾液などによる飛沫感染のリスクは比較的高くなる。

 事実、やがて濃厚接触者の追跡がおこなわれると、キャバクラの客だったと思われる男性数人の罹患が判明。この1人である男性会社員については、妻と小学生の息子にもウイルスの陽性反応が出ている。

 いずれも症状が出ていないか、出たとしても容態は安定しているようだ。過度に恐れる必要はない。だが、私はつい小市民的な考え方をしてしまう。

 この男性会社員は健康を回復した後、無事に以前と同じ日常生活を送れるのだろうか――? というのも、たとえば彼がプライベートでキャバクラに遊びに行っており、その領収書を会社宛の経費で落としていた場合、ウイルスのせいで不正が発覚する。今後のサラリーマン人生は大丈夫なのか。

 また、男性会社員がどのくらいの「濃厚接触」をキャバクラ嬢とおこなって感染したかが、保健所や病院から妻や勤務先に伝えられるのかも気になる。

 

もっとも、キャバクラはまだマシかもしれない。大人の世界にはもっと過激な夜の施設が数多く存在しているからだ。かつて1983年、宮内庁の東宮侍従長(男性65歳)が勤務時間中に新宿の個室付き特殊浴場に遊びに行って心臓麻痺で死亡した事件のように、マヌケな不祥事は末代まで語り継がれてしまう危険性がある。

事実、2月上旬にはシンガポールで、出稼ぎ中の湖北省出身の中国人性産業従事者の女性が新型コロナウイルス感染の確定診断者であり、当局がこの女性の顧客名簿を入手して追跡調査をおこなっている――、とするフェイクニュースが流れたことがある。

このシンガポールの一件はデマとしても、実際に似たような事態は起こり得るだろう。この手の性産業の現場では飛沫感染どころか、他者の唾液や糞尿の成分が直接粘膜に接触する可能性もある。感染リスクはキャバクラの比ではない。

もちろん、これらの店舗への立ち入りが職場や家庭にバレた場合のリスクも、やはりキャバクラの比ではない。特に家庭に関してはおそらく離婚の危機が発生する。

いわんや立ち寄った店舗が、ノーマルな性癖の範囲内にとどまらないサービスを提供していた場合はいっそうピンチであろう。

たとえば50代男盛りの頑固部長はニューハーフヘルス(掘られる側)で感染、40代の女子校生活指導担当教師はキャンパス系イメージクラブ(セーラー服オプション2000円)で感染、30代出世株のイケメン商社マンは赤ちゃんプレイ店で前の客が使ったおしゃぶりから感染……などといった複雑な事情が周囲にバレると、たとえ肺炎が回復しても当人たちは社会的に回復できまい。

不倫旅行先の温泉宿で感染したら……
上記は主に男性の場合だが、たとえ女性であっても、不倫旅行先の温泉宿で感染、マッチングアプリで探したパパから感染、推しのホストの生誕祭で集団感染が爆発、違法薬物の集団濫用パーティーでウイルスが蔓延……など、感染経路が発覚することで「社会的に死ぬ」ケースはあり得る。

そこまで悪いことをしていなくても、濃厚接触者が追跡されていく過程で、自分が外回り営業をサボってビールを飲んだりマッサージやパチンコに行ったことが職場にバレるだけでも、かなり気まずい事態にはなる。

別のリスクもある。3月6日に感染が確認された中部地方の男性は、副業がバレることをおそれて、当初は保健所に対して発症後の一部の行動を隠していた。自分がこの男性と同様の状況だった場合、保健所に正直に申告できるかは悩ましいところだろう。

こんな感じになってしまったら大変と…

世の中の男性は、風俗系のお店には行けなくなっているのが現状です。

では、その溜まってしまったストレスをどこで解消するのかと言うと…

やっぱりネットで解消しているんです!

だから、チャットレディの需要が急速に高まっているんです。

なので、あなたもチャットレディにチャレンジしてみませんか♪

 

 今すぐここから登録
▼▼▼▼

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました